乾燥肌の人が気をつけるべきポイント4選

更新日:

乾燥肌に悩まされる女性というのは多いものですが、年中乾燥に悩まされるタイプの肌質の人や、年齢によるもの、アトピーやもともとの生まれた時の肌質のせいで、若い時から乾燥を感じているという人もいるものです。

ですから同じ乾燥肌でも原因が異なるので、ちゃんと自分にあった化粧品を選ぶようにもしましょう。

乾燥肌の人はココに注意!

季節ごとにスキンケアを変える

乾燥肌を良く感じるような時は季節の変わり目であるような時も多いです。

季節の変わり目はいつもと同じ化粧水をい使っていてもガサガサを感じたり、肌の調子が悪いことでメイクのノリも悪くなるものです。

また、逆に真夏であればいつもはたっぷり保湿している時もべたつきを感じて、肌もさっぱりタイプの化粧水の方がちょうど良いとなることがあるでしょう。

ですから季節ごとに自分の肌に合うスキンケアを使いましょう。

ですが、季節ごととなると、化粧水1本使い切れないことというのもあります。

ですからその使いかけをまた次のシーズンまで持ち越してしまうこともありますが、一度開封した化粧水というのはそこから劣化が始まるので、使いきれないものは処分するか、最初から小さい使い切れるサイズがあればそうした小さいサイズのものを選びましょう。

空気が綺麗な場所を選ぶ

肌の乾燥に気を付けるなら、外の空気が綺麗なところを選んで出かけるというのも大事です。

車の通りが多い場所は排気ガスで空気が乾いていることもありますし、それで肌の乾燥が進んでしまうこともあります。

ですから空気が乾いているところに出かけるなら、マスクなどで顔を保護しましょう。

また、肌の乾燥というのは肌の表面がガサガサだったり弱っている時に進行します。

なので肌の表面を丈夫にするためにも空気な綺麗な所、森林浴に出かけて肌を強くしましょう。

マイナスイオンが肌に良いということは良く知られていますから、仕事で忙しくて空気が綺麗なところに出かけられないような時はマイナスイオン効果のある美顔器などを使用するのもおすすめです。

乾燥肌を防ぐにはまめな美容ケアも大事です。

毎日でなくても良いので、定期的に行いましょう。

また、毛穴の汚れを取り除くピーリングは乾燥肌ならやらないほうがおすすめです。

乾燥肌を作らないため食事にこだわる

乾燥肌にしないためには、肌を内側から強くする食事を取るということも必要です。

乾燥肌に良いビタミンC入りの化粧水なども販売されていますが、そうした化粧水などの外側から取る美容成分だけでなく、食べ物から美容成分を取ることも大事です。

食べ物に含まれる栄養は美肌を作るのに大事な成分がたくさん含まれていますから、美肌により食事をするようにもしましょう。

また、美容成分だけにこだわればサプリも良いですが、サプリは同じ成分だけを取るもので、色々な栄養が取れる野菜、果物とは異なるので、体を健康にすることで乾燥を防ぐという意味でも、乾燥肌を作らないための食事を取り入れるようにもしましょう。

美肌作りのためのレシピは低カロリーでダイエットにも良いことが多いのでおすすめです。

ガサガサ肌の場合はそこから雑菌が入り、さらにかゆみや赤らみが悪化してしまうことも多いので、表面を滑らかに、丈夫にしておくことはとても大事です。

乾燥肌に効く化粧水を使う

乾燥肌に気を付けたいなら乾燥肌に効く化粧水を見つけましょう。

乾燥肌に良いものは高保湿成分が配合されている化粧水ですが、高保湿成分が配合されている化粧水は大抵アラサー、アラフォーの中年女性向けのもので、値段も高いです。

若いころは乾燥に悩まされることがなかったというような人でも、歳を重ねることによって乾燥を感じるようになるということはよくある物です。

年齢肌は化粧水を肌に浸透させる力も衰えているので、そうした浸透力が弱い人向けになっていることがほとんどです。

ですから、若いうちから乾燥肌に悩んでいる人であればそうした年齢肌用の乾燥肌に効く化粧水ではなく、若い人向けの乾燥肌用の化粧水を選びましょう。

乾燥肌も原因によって合う化粧品が違うので、自分の肌タイプに合う、乾燥肌に効く化粧水を選びましょう。

また、乾燥肌の場合、つけてしばらくたっても渇きを感じる・肌がピリピリとするような時は肌に合っていないということも多いので、合わないと感じたら即使うのをやめましょう。

使い続けることで肌がもっと乾燥してしまうこともありますから注意です。

まとめ:乾燥肌とうまく付き合っていくには

乾燥肌はその人の肌質、体質とも関係していますから、完全に無くすということは難しいものです。

ですが、自分の肌に合う化粧水を見つけたり、肌の表面を丈夫にする食事をすることで改善できることも多いです。

ですから日常生活と使うスキンケアにこだわりながら、うまく付き合っていくようにしてみても良いでしょう。

また、あまりに乾燥して肌のかゆみや赤みを感じる時は皮膚科に相談もしてみましょう。

Copyright© 肌しるべを実際に使ってみた!口コミレビューを大公開 , 2018 All Rights Reserved.