エアコンが原因の乾燥肌、良い対策はある?

投稿日:

エアコンが毎年必要になるし、エアコンのない生活を続けるのは大変です。

しかしエアコンから来る風は肌が乾燥しやすく、乾燥肌にとっては辛い風となります。

乾燥肌の人がエアコンを使えるように対策を説明していきます。

ドライモードは×

エアコンの種類によっては今では暖房や冷房だけではなく、送風やドライがついています。

しかしドライはあまりよくありません。

ドライと冷房はどう違うのかというと、ドライは汗を引かせ乾燥させる目的とした運転モードです。

冷房は部屋の中を冷やす目的のものだから、ドライと冷房とではドライの方が乾燥しやすくなります。

乾燥肌の人によっては肌がかさかさになりやすいし、人によっては荒れる原因となります。いくら夏に汗ばんでいてもドライはよくありません。

普段から保湿を心がける

普段から保湿を心がけることは重要ですが、さらに重要なことはエアコンをしているときに保湿をしっかりすることを考えなければいけません。

エアコンに当たる場所は会社だけではなく自宅でもエアコンに当たります。

エアコンがないと夏に熱中症を引き起こしたり夏バテを引き起こし、体まで大変なことになります。

エアコンを入れている上で大切なことは乾燥肌対策を自宅でも怠らないことです。

エアコンをしていれば当然肌も乾燥します、このときに保湿ケアをしているかしていないかでは肌が乾燥してがさがさになるかならないかも大きく具合が違ってきます。

乾燥肌をそのままにしておくのはよくないし、美容液やクリームなどを活用しながら保湿を心がけるようにします。

リップクリームも忘れずに

乾燥するのは肌だけではありません。

実は唇も荒れやすくなります。

特に気になるのは冷房や暖房のいる季節です。

冷房や暖房をしていても当然肌が乾燥しやすいし、肌の横についている唇も荒れやすくなります。

だから保湿ケアは美容液やクリームでも補えますが、唇などの保湿ケアとしてリップクリームを普段から持ち歩くようにするといいです。

リップクリームでも普通のリップクリームよりは保湿ケアや保湿と書かれたリップクリームを使う方が乾燥した唇をさらにきれいにさせてくれます。

リップクリーム選びもとても重要なものとなっています。

エアコンの設定を強くしすぎない

エアコンの設定を強くすると肌も余計に乾燥しやすくなります。

例えば風量が弱いのと強いのでは大きく違いがあります。

風量が強いとより乾いた風が部屋に入りやすくなり、乾燥肌をさらに進行させる原因となります。

しかし弱にしておけば乾燥肌の進行も遅く、安心して使えるようになります。

それと同じように冷房や暖房の温度も大切になり、冷房や暖房の温度の設定を強くしすぎると肌に風がまともに当たりやすくなり、肌が荒れやすくなる原因となります。

エアコンの風量や温度の設定はこまめに気を付けるようにしなければいけません。

特に自宅では自分の部屋で自由に設定出来るため、なるべく自宅では心がけるようにしなければいけません。

夏のエアコンなしは余計に危険

夏のエアコンをなくすのはもっと危険です。

乾燥肌だからエアコンをやめてしまい扇風機にしようと考えている人もいます。

しかし扇風機でも肌は乾燥しやすいし、扇風機にしてもエアコンにしても肌が荒れやすいのは変わりません。

また夏のエアコンを我慢していると先ほども述べたように、夏バテや熱中症を引き起こし命に関わることもあります。

だから無理にエアコンをやめるのではなく、エアコンをしている中で何が出来るのか、どう対策が出来るのかという点を中心に考える必要があります。

これは一つの方法ですが、エアコンをしている部屋に加湿器や湿ったものをおくことで、乾燥しているところも湿った空気でエアコンで涼むことが出来ます。

また冬の暖房をやめて石油もしくはガスのファンヒーターにすると肌は乾燥しにくくなります。

特に重要なポイントは?

アンチエイジングももちろん大切ですが、エアコンを使っている以上もう一工夫必要です。

ただむやみにエアコンを使っているといつも通り肌も乾燥して荒れやすくなり大変な思いをします。

保湿ケアは普段からも大事ですが、エアコンを使っているときは念入りに心がける必要があります。

夏のエアコンは無理に辞めないようにしてエアコンの設定で工夫した方が一番肌にも体にも健康を維持しながら生活出来ます。

ここでリップクリームや他の保湿商品も同じですが、自分に合わない商品を買うと余計に荒れてしまいます。

乾燥肌用と書かれているもの、敏感肌にいいと書かれているもの、保湿用と書かれているものを中心にチェックして買うとよりいいです。

化粧の仕方によっては肌も荒れやすくなるし、基礎化粧品を上手に使うことで肌の乾燥も和らげることが出来ます。

エアコンを使用しないというのは一年を通しても難しいため、エアコンがある状態から毎年考えておく必要があります。

あまりドライという運転モードだけは避ける方がいいです。

つまり、エアコンをしている中で保湿ケアを行う、エアコンを無理にやめないところが重要ポイントとなります。

まとめ

夏は本当に暑いので、エアコンをどうしてもつけなければいけません。

扇風機だけ、他のものだけでは物足りません。

世の中気温が上昇して毎年暑くなっていますが、エアコンもそれなりに使うため肌のお手入れは常に重視しながらするようにします。

Copyright© 肌しるべを実際に使ってみた!口コミレビューを大公開 , 2018 All Rights Reserved.