脱・メイク崩れの秘訣は朝のスキンケアにあった!

投稿日:

年中気になってしまうメイク崩れ。一番の大敵は乾燥です。

湿度が高く保てない環境で仕事をしているので、乾燥対策ができない…そんなときでも諦めることはありません。

実は、乾燥によるメイク崩れは朝のスキンケアから対策ができるのです。

なぜ乾燥でメイクは崩れるの?

そもそもメイクはなぜ乾燥で崩れるのでしょうか?

そしてなぜ乾燥してしまうのでしょうか。

それを知ることにより対策がしやすくなります。

ファンデーションと肌が密着しにくくなる

外気が乾燥すると、もちろん肌も乾きます。

まずそれにより肌とファンデーションが密着しにくくなります。

よくある「粉吹き」状態ですね。

そのときに肌の表面を触ると、かさかさと明らかに乾燥しています。これがメイク崩れの原因です。

皮脂の過剰分泌による崩れ

ファンデーションの粉吹き状態が回避できても、乾燥によるメイク崩れが回避できたと言えません。

肌は乾燥すると、肌を保護するために皮脂が分泌されます。

乾燥状態が続くと皮脂が過剰分泌され、メイクが浮いて崩れやすくなります。

汗によるメイク崩れとほとんど同じ現象ですね。

乾燥は夏でも起こる

こういった乾燥による現象は冬場に起こると思われがちですが、実は夏でも起こります。

夏は室内で冷房がかかっており、湿度が低く保たれます。

その中で長時間仕事をしているとなると、冬場の乾燥している時期と湿度はほとんど変わりません。

だから汗をかいていないのにメイク崩れが起きてしまうのです。

メイク崩れを防ぐ秘訣は朝洗顔のときにあり!

さて、メイク崩れの原因はわかりました。

しかし環境が原因であれば自分ではどうにもできないのでは…と思われがちですが、自分でできるメイク崩れ予防はあります。

洗顔する際は洗浄力が強くないものを

一番の対策は、朝洗顔に使う洗顔料。

朝起きて顔がドロドロ…だから朝も洗浄力の高いものを選んでさっぱりしたいと洗顔料を選んでいる場合もあります。

しかし、そういった洗顔料は顔の皮脂を過剰に洗い流してしまいます。

すると肌は皮脂を過剰分泌しがちに…。

そして乾燥と相まってメイク崩れを引き起こしやすくなってしまうのです。

なので、朝洗顔は肌にやさしいものを選びましょう。

顔を洗うときはぬるま湯で

洗顔料を洗い流す際は、熱すぎないぬるま湯を使いましょう。

熱いお湯でさっぱり眼を覚ましたいのもわかりますが、熱いお湯は皮脂をたくさん洗い流してしまいます。

洗顔料を変えてもこれでは本末転倒なので、ぬるま湯で洗うようにしましょう。

洗顔後のスキンケアも重要

洗顔後はスキンケアが欠かせません。

ここでもメイク崩れに対してできることがありますが、そんなに時間がかかることではありません。

化粧水は保湿性を重視

脂性肌であっても、乾燥によるメイク崩れの対策として保湿は非常に重要です。

洗顔後に化粧水をしっかり浸透させて保湿することにより、乾燥を防ぐことができます。

乾燥を防ぐと、余計に皮脂を分泌させないうえにメイクのりもよくなります。

乳液やクリームでフタをする

化粧水の後、乳液やクリームを使いましょう。

これらに含まれる油分は、化粧水で与えてくれた保湿成分にしっかりと蓋をしてくれます。

べたべたするからあまり乳液やクリームを使わないという人も、実は使わないことで油分が足りなくなりテカテカになりやすいのです。

スキンケアはしっかり浸透させて

さて、これらのスキンケアを終えたからといってすぐにメイクに移ってはいけません。

いったんスキンケアが浸透するまで時間をとりましょう。

スキンケア直後にメイクするとメイクののりが悪くなり、乾燥以外でもメイク崩れが起こりやすくなります。

ベースメイク時の心がけ

スキンケアを終えて浸透もさせたら、ベースメイクです。

ベースメイクの際も心がけられることがあります。

化粧下地は自分の肌にあったものを

化粧下地は、メイクの中でも一番肌に触れる部分。一番重要なものです。

できれば自分の肌にあったものを使いましょう。

化粧下地を塗るときは薄く、均一に塗るようにします。

UV効果が入っている化粧下地を使用すると、夏場でも下地と日焼け止めを併用する必要がなくなるので崩れにくくなります。

こちらもなじむまで少し待ってからファンデーションを塗りましょう。

ファンデーションも薄塗りで

肌の色や吹き出物痕を隠したくて厚塗りしたい気持ちもわかりますが、できればファンデーションも薄く塗りましょう。

しっかりカバーしたい部分はコンシーラーなどを使うことでより効果的にカバーすることができます。

化粧崩れ対策にはフェイスパウダーも

ファンデーションまででベースメイクは終わりではありません。

仕上げにフェイスパウダーをのせることで、化粧崩れしにくいメイクにすることができます。

リキッドファンデーションを使用している場合、肌のべたつきも抑えてさらさらした肌に整えてくれます。

まとめ

さて、乾燥によるメイク崩れを防ぐテクニックはいかがでしたか?

今回は朝できるテクニックを紹介しました。

化粧水や洗顔料を選ぶだけで、日中のメイク崩れがしにくくなります。

毎日のメイクにはちょっとした工夫を意識することが大事なのです。

Copyright© 肌しるべを実際に使ってみた!口コミレビューを大公開 , 2018 All Rights Reserved.